Windows

【Win11】最低要件を満たしていなくてもWindows11にアップデートさせる方法

Windows11のリリースからそろそろ1年が経過しようとしている。Windows11は知っての通り、PCのシステム最低要件が厳しく、最新PCでないとWindowsUpdateからのアップデートは出来ないようになっている。

最小要件を満たしていない場合、このように表示される

今回は、このシステム要件を満たしていないPCでもWindows11にアップデートさせる方法について解説していく。

ライセンスはWindows11の要件を満たしている必要がある

なお、非サポートCPUへのWindows更新プログラムの適用について、Microsoftは「提供されるとは限らない」と発言している。この点について、インストール時点で警告が出現するため、同意してからWindows11へのインストールを実施する。(参考記事: Microsoft 曰く、非サポート CPU でも Windows 11 はインストール可能だが、更新プログラムが提供されるとは限らない)

1. レジストリの編集

レジストリエディタを起動

「Win+R」でファイル名を指定して実行を起動し、「regedit」と入力。レジストリエディタを起動する。

レジストリを編集

レジストリはシステムに関わる重要な部分のため、誤った操作や値を入力してしまうとWindowsが起動しなくなってしまうこともある。十分に注意して編集するように!

  1. キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup
  2. 型: REG_DWORD(32ビット)値
  3. 値: AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
  4. 値のデータ: 1

レジストリエディタの以下にあるキーを開き、右クリック→新規作成から「DWORD(32ビット)値」を選択し「 AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を設定する。

作成した値をダブルクリックし、値のデータを「1」に変更する。

これで、Windows11のシステム要件を回避することが可能になる。

Windowsを再起動する

レジストリエディタの編集を行ったため、再起動を行ったあと、以下インストールを実施する。

2. インストールメディアを作成する

Windows11のインストールメディアの作成方法は以下二つ。

  1. USBフラッシュメモリをインストールメディアにする
  2. ISO(CD/DVD)をインストールメディアにする

どちらでも好きな方を選択してインストールメディアを作成し、実行する。なお、どちらを選べばよいのか分からない人はISOファイルをダウンロード(1-2. ISOデータで作成する)を参照。

2-1. USBフラッシュメモリで作成

Windows11をダウンロード (exe)

Microsoft公式のWindows11ダウンロードサイト(以下URL)から、「Windows11のインストールメディアを作成する」を選択し、ダウンロードを行う。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

USBフラッシュメモリをPCと接続

USBフラッシュメモリの中身は全て消え、Windows11のインストール専用メディアとなるため、重要なデータがある場合は別のHDD等に移動させておく。基本的には使っていないUSBフラッシュメモリで良いが、最低8GBは空き容量が必要なため注意。

そのまま実行し、USBインストールメディアを作成

  1. 適用される通知とライセンス条項 (同意する)
  2. 言語とエディションの選択 (日本語/Windows11)
  3. Windows11のダウンロード (しばらく待つ)

インストールメディア完成

USBフラッシュメモリがインストールメディアになっているため、「setup.exe」を起動することでWindows11のインストールが開始される。

1-2. ISOデータで作成する

Windows11のデータをダウンロード (ISO)

Microsoft公式のWindows11ダウンロードサイト(以下URL)から、「Windows11ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」を「Windows11 (multi-edition ISO)」選択し、ダウンロードを行う。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

インストールを実施

ダウンロードしたISOファイルをダブルクリックし、直下にあるsetup.exeを実施すると、Windows11のインストールが実施される。(Windows10の場合、ISOを標準でマウントできるためダブルクリックで可能、古いOSの場合、別途サードパーティ製ソフトを利用してISOを実行)

ISOドライブ\setup.exe

インストール完了→Windows11に!

setup.exe を実行すればインストールは可能になる。ただし、windows10からのアップデートで要件を満たしていない場合、以下のような警告が出る。

インストールは可能だがアップデートが出来ないという何とも矛盾した状態だが、「最小システム要件を満たしていないPCでWindowsUpdateが受けられない可能性がある」とはMicrosoftが言っていたところでもある。上記の点を理解し、問題ないと判断するのであれば「承諾する」のボタンをクリックしてインストールが可能だ。

ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。趣味は自作PCとゲーム。 略歴:エンジニア兼マーケター→フリーライター→エンジニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。