Windows

【Windows10】コルタナを完全に無効化する方法

Cortana

コルタナとは?

Windows10で追加された人工知能(AI)コルタナ(Cortana)。コルタナは、音声入力での検索や、天気、スケジュール管理、知り合いへの連絡、おしゃべり、ゲームなど、Windowsユーザーのアシスタントをしている。

コルタナの必要性

音声入力ができることは魅力的かもしれないが、そもそも通常の利用であればマイクがない場合も多いはず。また、キーボード入力ができないような人にとっては音声入力も重要かもしれないが、そのようなITスキルの低い人がコルタナのスケジュール管理や連絡といったアシスタント機能を使いこなせるとは思えず、デスクトップPCでは特に必要ない機能だ。

様々なプライバシーデータにアクセスできることから、セキュリティ面での心配も多々ある。コルタナのアシスタント機能を活用している人なら必要だが、そうでない場合はセキュリティやメモリコストの面から無効化した方が良い

コルタナを無効化

コルタナの無効化はレジストリエディタから行う。レジストリエディタの編集はPCの根幹に関わるため、誤った操作を行った場合は最悪PCが起動出来なくなることもある。

もし最悪の事態となったとしても自己責任でお願いします。

レジストリエディタの起動

Winキーやメニューボタンをクリックした後、「reg」や「レジストリ」と入力すると「レジストリエディタ―」が検索結果に出てくるため、これをクリックして起動する。

レジストリエディタ 開き方
「reg」や「レジストリ」と入力し起動

パスを辿る

レジストリエディタ上部の「コンピューター」と表示されているバーに下記をコピー&ペースト。すると該当のフォルダまで開いてくれる。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows

レジストリエディタ Windows

「Windows Search」を作成

空白部分を右クリックし、「新規」>「キー」の順番にクリックする。

レジストリエディタ 新規キー作成

新しいキー #1」が出現するため、名前を「Windows Search」に変更。すでにWindows Searchがあればそれを開く。

レジストリエディタ WindowsSearch

値作成

新しく作成した「Windows Search」の中に「DWORD (32 ビット) 値」を新規作成し、名前を「AllowCortana」に変更。

レジストリエディタ AllowCortana

再起動

再起動後、コルタナが消えていることが確認できる。

非表示のみの場合

タスクバーを右クリックし「Cortana」>「表示しない」を選択することでコルタナを非表示にすることが可能。

コルタナ 非表示
ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。女性。趣味は自作PCとゲーム。プログラマとマーケターをしていたが、仕事に嫌気が刺し退職。現在はフリーライターとして生計を立てている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。