自作PC

B450 GAMING PLUS MAXのBIOSアップデート方法

まえがき

私の使用しているMSIのマザーボードである「B450 Gaming Plus Max」のBIOSのアップデートをすることになった。

created by Rinker
MSI
¥10,764 (2020/08/10 14:44:32時点 Amazon調べ-詳細)

WindowsからBIOSのアップデートを行う方法もあるが、よりリスクを減らし、今回は「フラッシュメモリを使いUEFIからアップデートする方法」を取る。

BIOS…「Basic Input/Output System」の略で、直訳は基本入出力システム。PCに利用される様々なパーツ同士の橋渡しをする役目を持つM/Bに入っているシステムだ。

BIOSのアップデートはしない方がいい

BIOSのアップデートは出来ることならしない方がよい。失敗するとPCが起動しなくなるからだ。手順をしっかり守っても書き込みに失敗することはある。

古いPCを利用する場合に新しいデバイスに対応していないだとか、どうにも不具合があり直さなければまともに使えないだとか、そういったどうしようもない状態になった時に実行するべし。

Step1 : データをダウンロード

MSI B450 Gaming Plus Max ホームページ

アップデートデータをダウンロードする。私と同じマザーボードを利用している場合は以下から。そうでない場合は自らのマザーボードのホームページで配布しているアップデートデータをダウンロードする。

コピー

解凍を行い、出てきたフォルダを任意のフラッシュメモリにコピーする。このとき、フラッシュメモリはファイルシステムがFAT32のものを使うと良い。ファイルシステムはフラッシュメモリをフォーマットすると変更することが出来る。

created by Rinker
¥750 (2020/08/09 19:20:41時点 楽天市場調べ-詳細)

Step2 : フラッシュメモリを刺して再起動

マザーボードのポートに直接フラッシュメモリを刺し、再起動を行う。この時、より安全に行うためにケースのポートを使うのではなくマザーボードのポート(背面)を使用する。

Step3 : BIOS

DEL連打でBIOS画面を開き、左下の「M-FLASH」をクリック。再起動後、M-FLASHが起動するので、ディレクトリを辿りBIOSのアップデートファイル(今回はE7B86AMS.H50)を選択する。

下部にインジケータが表示される画面になるが、この処理が完了するまでは必ずフラッシュメモリを抜いたり、電源を落としたりしてはいけない。

M-FLASH待機画面

処理完了後

アップデート処理が完了すると自動的に再起動する。一度BIOSに入ってバージョンを確認しておこう。

MSI M/B バージョン
BIOS Ver: E7B86AMS.H50

私の場合、アップデート直後はBootの順番が変わっていて(初期化されていて)Windowsが起動しなかった。まあこれは普通にBoot順番を直せば特に問題なく起動するので特に問題ない。ファンコンなど設定している人は再設定しよう。

ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。趣味は自作PCとゲーム。 略歴:エンジニア兼マーケター→フリーライター→エンジニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。