Viridi

【無料】バーチャル植物育成ゲーム「Viridi」プレイレポート

バーチャル植物育成ゲーム「Viridi」

Viridi(ヴィリディ)はIce Water Gamesによって開発されたリアルタイムで成長する多肉植物のポットを育てるゲームです。やることといえば、雑草の処理水やりだけ。放置すると徐々に植物が成長していくので、成長した植物を眺めたり、ポットの上で動くカタツムリを見たり、綺麗なBGMに癒される、というゲームです。

やはり現代社会で疲れたみなさんにはこのような癒しが必要なのではないでしょうか。

案の定Steamでの評価も高く、ユーザーレビューは「非常に好評」です。また、このViridiはAndroidやiOSでも配信されており、Android版は100万ダウンロード突破、レビューは4.2と中々高めの評価です。

ただし、UIは全て英語表記となっておりますので、分からない方は下記の記事を見てください。

バーチャル植物育成ゲーム「Viridi」の遊び方 (PC版) 初期設定 鉢を選択 多肉植物を育てるための鉢を選択します。様々な柄や形がありますので、自分の好みのものを選んでください。 ...

Viridiダウンロードリンク

Steam StoreGoogle Play Store

プレイレポート

1日目

植えた瞬間から雑草がそこそこあったので、雑草の処理を行って、水もやりました。カタツムリがくるくる回っていて可愛かったので、ついでにカタツムリもお水を与えました。これからどんな風に成長するのか楽しみです。

3日目

2日目は大きな変化が無かったので飛ばして3日目です。初日に水を与えただけですが、まだSatedなので、あまり水を与える必要はなさそうですね。たまに歌を聴かせてあげたりしていますが、遊び方の記事を書く検証のため2つほど苗がお釈迦になりました。

まだ大きな変化は見られませんね。初日と比べると若干苗が大きくなっている気がします。

9日目

最初に比べると大分大きくなってきました。形がはっきりと分かるほど。同じ種類のはずなのに大きさに差が出ているのは歌を聴かせたからなのか、個体差があるのかは不明です。

あと、週一の無料の苗は「Aloe vera」(参考サイト)でした。鉢の右上にシュッと生えてる苗です。

18日目

外耳炎が悪化したせいで寝込んでいて、少しの間放置してしまったのですが、一つも枯れていなくて良かったです。アロエの成長が早くてびっくり。一つでも大きい苗があるだけで、なんだか成長したように感じますね。

小さすぎてほぼ見えないのですが、Weekly無料苗は「Sedum pachyphyllum」(参考サイト)という苗でした。日本語訳で「オトメゴコロ」。夏は光沢のある緑、冬は赤く色づくのだとか。

43日目

実は9/3に発売したモンスターハンターワールド:アイスボーンのやり過ぎですっかり忘れてしまっていたViridi。焦って起動したところ全て「Parched(干上がっている)」になっていました。捨てるしかないのかと悲しかったのですが、水をあげたところなんと綺麗に復活しました。やった!(でも放置してたせいで成長してない…)

というかこの記事を書きながら気付いたのですが、なにやら植物から芽のようなものが出ているような…?なんだろうこれ。なんか手入れ不足で出てくるやつとかなのかな?

プレイ感想

結構時間のかかるゲームなので、今回私はSteam(PC)でプレイしましたが、スマートフォン(Android/iOS)でインストールしてプレイする方が向いてそうです。

まったりとした雰囲気で、たまにちょこちょこ見に行きましたが、最初の数日は特に変化が無く、面白みも少ないです。ただ、暫くプレイしていくうちにどんどん成長していきます。名前も付けちゃったりすると愛着も沸いてきますね。(私はカタツムリにパートナーの名前を入れました)

私は植物が嫌いなわけではありませんが、自分の部屋に置くのは色々と面倒なので、このバーチャル植物は結構面白いと思いました。ディスプレイが余っていたら付けっぱなしにして常時起動すると、本当に植物を栽培しているかのような気分が味わえると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。