自作PC

【冷却性能テスト】H100i RGB PLATINUM SE (簡易水冷)

先日購入したCorsairのCPUクーラーである「H100i RGB PLATINUM SE」の冷却性能テストを実施した。

テスト手順

  • テストは5分通常通り動作させ、10分間CPU使用率100%にし、その後5分間通常通り動作させるという手順で行う(合計20分)
  • CPUはintel core i7-6700を定格運用
  • 突発的な一瞬の温度上昇はデータ精度の向上のため排除する

テスト結果

経過時間平均温度(℃)最低温度(℃)最高温度(℃)
00:00~00:0524.92331
00:05~00:1550.44055
00:15~00:2029.92836

比較用リテールクーラー

リテールクーラーの場合は以下の通りだ。

経過時間平均温度(℃)最低温度(℃)最高温度(℃)
00:00~00:0533.53143
00:05~00:1573.86076
00:15~00:2036.13157

比較先がリテールクーラーとはいえ、H100i RGB PLATINUM SEは通常時-9度負荷時-23度と、非常に優秀だ。

まとめ

リテールクーラーとの比較では約-9度と非常に優秀な結果となった。この辺りはさすが簡易水冷と言うべきだろう。

筆者個人としては本格水冷を一度はしたいと思っているのだが、金銭的な都合上中々難しい。ただ、このような簡易水冷であればメンテナンスの必要や金額的な問題でも敷居が低く手が出しやすいのではないだろうか。

リテールクーラーにおいてはAMDは優秀、intelは微妙と聞く。水冷ほど冷やす必要が無いのであれば、AMDであればリテールクーラーをそのまま利用し、intelであれば社外製を利用するのが賢い選択ではないだろうか。

ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。女性。趣味は自作PCとゲーム。プログラマとマーケターをしていたが、仕事に嫌気が刺し退職。現在はフリーライターとして生計を立てている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。