自作PC

【テレビチューナーの選び方】内臓?外付け?それぞれメリットやオススメを紹介

テレビチューナーとは

パソコンでテレビが観れるようになるものです。大きく分けて内蔵タイプと外付けタイプがあり、パソコンに内臓することが出来ない方でも気軽に取りつけることが出来ます。

  • 内臓テレビチューナー
  • 外付けテレビチューナー (USB接続タイプ)
  • 外付けテレビチューナー (据え置きタイプ)
ゼノン
ゼノン
ちなみに、テレビチューナーはテレビと全く一緒の使い勝手ではありませんので、PC初心者の方にはどのタイプもオススメ出来ません。レビューを見ると簡単な据え置き型でも観れない、映らないと言っている方が多いので、独力で問題を解決できる中級者以上の方にオススメです。

一覧表

  内蔵型 USB型 据え置き型
オススメ度
価格帯 10000円~20000円 1000円~15000円 10000円~30000円
必要規格 PCI-e USB ディスプレイ出力(HDMI/DPなど)
携帯性
省スペース

内臓テレビチューナー

created by Rinker
ピクセラ
¥13,800
(2019/12/10 08:00:38時点 Amazon調べ-詳細)

内臓できるスキルがある方向け

内臓タイプのテレビチューナーはデスクトップPCの中を開けてマザーボードに直接刺さなければならないので、PCにある程度詳しい方向けの製品になります。殆どのテレビチューナーで規格は「PCI-Express x1」が使われていますので、購入前に自分のPCに本規格が空いているか確認しておきましょう。

PC周りがすっきりする省スペース

PCの中に内臓するので余分なものが外に出ず、PC周辺がすっきりします。USB型だとUSB部分にでっぱりが出来てしまいますし、据え置き型はディスプレイ付近に置かなければならないので、ごちゃごちゃしたくない方はオススメです。

外付けテレビチューナー (USB接続タイプ)

created by Rinker
KEIAN
¥5,353
(2019/12/10 17:42:10時点 Amazon調べ-詳細)

USBポートを使ってしまう

USBポートに接続するタイプです。欠点はPCのUSBポートが1つ潰れてしまうことです。特にノートパソコンなどをご利用の方はUSBポートが少ない中でやり繰りしていると思いますのでオススメできません。

ノートPCでUSBハブを使っている方は注意して頂きたいですが、USB接続タイプのテレビチューナーは「USBバスパワー」と呼ばれるUSBからの電源供給を行います。電源ユニットの供給電力が低いPCやUSBハブのたこ足をしている方は電力が足りず起動できない可能性があります。(よっぽどで無い限り大丈夫ですが)

持ち運びできる!

唯一持ち運びに向いています。テレビを持ち運びたい方は少ないかもしれませんが、もし持ち運ぶ用途がある方はUSB型はオススメです。PCだけでなく、スマホに接続できるタイプもあります。

外付けテレビチューナー (据え置きタイプ)

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥19,525
(2019/12/10 17:42:10時点 Amazon調べ-詳細)

最低限のスペースが必要

一般のテレビなどに繋がれているものと似た外見です。内臓する手間もなくUSBも減らず、私的にはテレビチューナーの中で一番オススメです。ただ、ディスプレイ周辺に小型ですが機器を設置する必要があるので、最低限スペースがなければ設置できません。

リモコンが付属する場合が多い

リモコンがあるところも利点です。USBタイプ、内臓タイプ共にほとんどの場合リモコンは付属しませんが、こちらの据え置きタイプはリモコン付きのものが多く、通常のテレビと似たような感覚で利用できます。

高性能なものも販売している

他のタイプに比べて高性能・高額な種類も豊富です。価格帯は10000~30000といったところ。

PCに接続せず、独立している

欠点といえば、PCに接続しないので小窓表示が出来ないことでしょうか。据え置きタイプ以外は基本的にPCにソフトをインストールして起動させるので、ウィンドウ表示にすることが出来ます。ただ据え置きタイプはPCと繋がず独立しているので、当然パソコンの隅に小さくテレビを表示、みたいな使い方は出来ません。

逆に、内蔵型、USB型、共にPCを起動していなければテレビを付けられませんが、据え置き型はPCを起動していなくてもテレビが付けられます。

ちなみにケーブルも必要

チューナーに限らず、一般的なテレビも同じですが、アンテナケーブルが必要です。壁にテレビ用のコネクタがありますので、アンテナケーブルでコネクタとテレビチューナーを繫いであげる必要があります。

created by Rinker
ホーリック(HORIC)
¥557
(2019/12/10 22:26:03時点 Amazon調べ-詳細)

購入時はB-CASカードの有無も確認すること

テレビチューナーでの視聴に必要なものは、テレビチューナー本体、アンテナケーブル、B-CASカードです。新品のチューナー購入時には大体付属してきますが、USB型や中古品などは付属していないものもあります。B-CASカードが付属していない場合は申請に別料金(1枚2,050円)が掛かりますので、ちゃんと確認してから購入しましょう。

まとめ

最終的に私が思うオススメをまとめます。

  • PC超初心者 → TVチューナーは買わない方が良い。テレビを買うべし。
  • 持ち運ぶ人 → USB型
  • 内蔵できない人 → 据え置き型
  • 内臓できる人 → 内臓型または据え置き型

PC初心者の方は冒頭でも述べたとおり、チューナー利用時に発生した問題を独力で解決できず、後悔してしまう可能性があります。問題が発生しにくいテレビを購入することをオススメします。

ちなみに参考までに私は内蔵型のチューナーを購入しています。色々問題もありましたよ、グラボが刺さっていると突然終了するとか、刺したらOSが起動しなくなるとか、うまく録画出来ていないとか。そのうち記事にしようと思っていますが、据え置き型、USB型共に、そのようなレビューはまずまず見受けられます。解決できる自信が無い方は素直にテレビを購入しましょう。

では!さらば!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。