ゲームガジェット

ゲームコンバータ「Reasnow S1」を使ってみたのでレビュー

ReaSnow S1って?

ReaSnow S1 箱

PS4 Pro、PS4、Xbox One、Xbox 360、Nintendo Switch などの様々なゲームに対応したコンバータ。このコンバータはマウス・キーボードに限らず、PS4でXbox用のコントローラを使ったり、SwitchでPS4のコントローラを使ったりということも出来る。

created by Rinker
ReaSnow
¥19,800 (2020/11/23 11:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

対応プラットフォーム

対応しているプラットフォームは有名なマウスコンバータであるXimApexよりも種類が多い。特にSwitchをマウス・キーボードや別のコントローラを使いたい場合はReaSnow S1一択ではないだろうか。

  • PS4 Pro / PS4 Slim / PS4 / PS3
  • Xbox One X / Xbox One S / Xbox One / Xbox 360
  • Nintendo Switch

ReaSnow S1 本体と付属品一覧

ReaSnow S1 内容一覧

XimApexも同様だったが、とてもシンプルな内容となっている。ちなみに紙に書いてあるURL(www.reasnow.com/start-here)からマニュアルをダウンロードできる。

セットアップの手順は別の記事で用意したので、購入した際や購入前にざっくり確認するためにでも参考にしてほしい。

【ゲームコンバータ】ReaSnow S1 セットアップ方法 公式マニュアル ReaSnow S1では公式の日本語マニュアルが用意されているので、本ブログ以外にもこちらもしっかりと読んでおこ...

総合評価 (★★★★★)

感じたことは上記に書いた通り。高機能かつ使い易く、個人的にはとても良い製品だと感じたため、総合評価は。もしこれから友人にコンバータを勧める際はReaSnow S1にしようと思う。

評価項目評価補足
操作感PC版とほとんど変わらない。また、競合製品と同様の操作感。
カスタマイズ性全ボタン配置、マクロの設定が可能。弾道曲線等は設定できないが、マクロで代用可能。
価格コンバータとしては平均的な価格設定。特に不満は無いが、18000円は普通に高いと感じるので-1。
アプリAndroid版はPlayStoreに無く少し手間。中国フォントのため所々文字が読めない。ただしエラーもなく機能的には何の問題もない。
サポート日本語マニュアルが豊富に用意されている。マニュアル自体はちゃんとした日本語で説明も分かるが、ホームページの構造が少し分かりにくい作りになっている。

マウス&キーボードを接続し使用している状態で、コントローラを使用しても、もたつかずに利用できる点は素晴らしい(XimApexはコントローラを触るとキーボードが効かなくなる時がある)。また、この手のコンバータは基本的に英語の資料しかないことも多いのだが、ReaSnow S1は日本語の資料が豊富かつ詳しく解説してあるため、調べる際に時間を取られない点も素晴らしい。

マクロ機能

大きな特徴として、ReaSnow S1にはマクロ機能がある。このマクロは、例えばリコイルコントロール(反動方向と逆に動かすことで反動を抑える)や、連打・連射などを設定することが出来る。これは正直チートといっても差し支えない機能になるため、利用する場合は注意が必要だ。

Xim Apexとの比較

マウスコンバータとして有名なものはXim Apexだが、今回紹介している「ReaSnow S1」と、どちらが買いなのだろうかと迷っている人も多いだろうということで、下記に比較表を用意した。

ReaSnow S1Xim Apex
価格\17,980\15,500
対応プラットフォームPS4(Pro/Slim)/PS3
XboxOne(X/S)/Xbox360
NintendoSwitch
PS4/PS3
XboxOne/Xbox 360
対応コントローラマウス/キーボード/ハンドルコントローラー/フライトスティック/アーケードスティック/サードパーティー製ゲームパッドマウス/キーボード/ジョイスティック
設定用アプリReaSnow Manager (iOS/Android)Xim Apex Manager (iOS/Android/Windows)
サポートメーカーが複数の日本語マニュアルを公式に配布。基本英語。販売店配布の日本語マニュアルが1つある程度。

高機能なReaSnow S1がオススメ

正直に言えば、価格差が2000円程度と大差ないのであれば、圧倒的にReaSnow S1の方が高機能なゲームコンバータだ。特にNintendoSwitchを利用している人が純正以外のコントローラを使いたい場合はReaSnowS1一択といえる。

また、XimApexがマウス以外の用途で使えないところに比べ、ReaSnowS1はハンドルコントローラーや社外製のゲームパッドも使うことが出来る。例えばPS4でXboxのコントローラを使ったり、その逆であったり。マウス&キーボードを考えていた人であっても、将来的に別のコントローラを刺したいとなる可能性は否定出来ないため、全くマウス&キーボード以外は使わない!という人でない限りReaSnowの方をオススメする。

created by Rinker
ReaSnow
¥19,800 (2020/11/23 11:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。趣味は自作PCとゲーム。 略歴:エンジニア兼マーケター→フリーライター→エンジニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。