周辺機器

Logicool M545を1年間使った感想・評価

はじめに

私はこのマウスを職場で利用するためのワイヤレスマウスとして購入しました。利用時間は1日約8時間で土日を抜いた平日のみ利用なので、ざっくり計算ですが8時間×21日×12ヵ月=2016時間ほど。購入から約1年ほど経過したのでそろそろレビューしていきたいと思います。

ざっくりまとめ
  • 日本人には丁度いい大きさ
  • エルゴノミクスデザインで持ちやすい
  • 使いやすい位置のカスタムボタン
  • 超使いづらいマウスホイール押し込み
  • 1日8時間利用で2-3カ月の電池持ち

大きさは丁度良い

握り込みの大きさは私は丁度良いと感じました。ただ、手が大きい方には小さく感じるかもしれません。とはいえ一般的なOA用途のマウスはこの程度の大きさでしょう。日本人に合ったサイズ感だと思います。

裏面を図ってみましたが、縦9cm、横は中央のくびれている部分が5cm、お尻の部分が5.3cmとなっています。

ただ、上記はあくまで底面のサイズであり、マウスは立体的な構造になっているため側面のへこみや凸面は考慮していません。参考程度に。

 

さすがのLogicoolで持ちやすい形

持ちやすい形になっているのは流石Logicoolだと思います。マウス中央部がくびれており、お尻部分は少し太くなっている構造は手の形に合って持ちやすいです。また、側面の中央部は裏面で見るより更にくぼんでおり、一般的なかぶせ持ちで持った時に親指と薬指が丁度食い込むような形になります。

マウス界隈の大御所「Logicool」とは?Logitechとの違いも概要 1981年にスイスで創業を開始し、当初はマウスを主力製品とする販売開発を行なっていました。現在はコンピュータ周辺機器を始め、ヘッ...

ボタン

通常のボタン配置に加え、マウスホイールを左右に傾けるボタンがあること、マウスを右手で持った場合に親指辺りにくる2つのカスタムボタンの計7ボタンあります。

マウスホイール左右傾けられるボタンは個人的にあまり使わず、むしろそれによりマウスホイール押し込みをすることが困難になってしまったのでこれはマイナスポイントかなと思います。

ボタン配置はまずまず

通常のボタン配置に加え、親指にあるカスタムボタン2つという構造は使いやすいです。親指のカスタムボタンは自由に使うことが出来、例えばブラウザバックだとか自分が良く利用するファンクションキーだとか、様々な割り当てが可能です。

ただ、マウスホイール左右傾けによるボタンは要らないです。このボタンのせいでこのマウスの価値は3割程度になっています。(後に詳しく解説しています)

Logicool Optionsでのボタン割り当て

ボタンの割り当てはLogicoolの公式サイトからLogicoolOptionsというアプリケーションをインストールすることで可能です。この辺りは他の一般的なマウスと同じですね、自社製のアプリケーションでの変更。

Logicool Optionsの使い方を画像付きで詳しく解説Logicool Optionsとは Logicool製周辺機器のカスタムツールです。これを利用することでマウスボタンの割り当...
ゼノン
ゼノン
出来るかどうか分かりませんが、こういうのもダウンロードやインストールが面倒なのでブラウザから出来るようになったら楽ですよね。

致命的なマウスホイールの使いづらさ

何よりこのマウスの欠点は致命的な使いづらさのマウスホイールです。スルスルと引っかかりが無い設計になっており、かなりくるくると回りやすいです。ここは好き嫌いが分かれるところだと思いますが、私は特に問題なく使えています。

ただ、何よりマウスホイール左右傾けでのボタンがあることにスルスルと引っかかりのない構造が加わり、通常のボタン3、マウスホイール押し込みでの操作がかなり困難を極めます。押し込もうと思ったら左右どちらかに力が偏ってしまい、左右のボタン判定になる、なんてことはザラにあります。また、マウスホイール押し込みながらドラッグはかなり難しいです。私は3D関係の仕事をしており、CAD関係のソフトではマウスホイール押し込みのドラッグはかなり使うのでここはかなり困りました。

電池は1日8時間で2-3カ月

公式発表では最大14ヵ月持つということらしいですが、私の使い方である仕事で平日8時間利用では大体2-3カ月程度しか電池が持ちませんでした。少々誤算ですが、まあ通常のワイヤレスマウスはこの程度らしいので、このマウスが特別持ちが悪いわけではないようです。一般的なワイヤレスマウスの電池の持ちと考えれば問題ありません。ちなみに裏面にON/OFFのスイッチがあるので、使わない時は電池OFFすることで長持ちさせることは可能です。

ワイヤレス

本マウスLogicoolのM545にはBluetoothによる無線モードはありません。USB規格の小型レシーバーを刺す必要があります。Bluetoothのペアリングなどややこしいことは無く、刺すだけなので接続は楽ですが、貴重なUSBポートを1つ潰してしまいますのでご注意ください。

また、ワイヤレスによる遅延や接続切れなどは特にありませんでした。厳密に計測していませんが、通常の利用の場合は特に問題ないレベルです。接続切れも今まで1度も発生していません。

さいごに

マウスホイールが致命的なので考慮の余地はありますが、マウスホイール押し込みを使わない人や安価で信頼の高いマウスを買いたい人にはオススメできます。非常に持ちやすいですしね。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥1,836
(2019/12/10 07:53:55時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにこの商品はAmazonでの買い物をオススメします。Amazon’s Choiceにも選ばれていて安いですし他のレビューもたくさん見られます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。