ICARUS

【ICARUS】「PAYDAY: EXTRACTION/エキゾチック鉱床を探す」ミッションの攻略方法

PAYDAY: EXTRACTION

//オペレーター: ユニアオ // バイオーム: 極寒エリア // バックグラウンド: 広範囲にわたる地中調査の結果、オペレーターの研究チームは、この地域にはエキゾチック鉱脈が豊富にあると考えている。UDAの審査を経てエキゾチック物質の輸出許可を得た数少ないグループの1つです。 //ミッション: この地域からエキゾチック物質を探し出して抽出し、軌道上のオペレーターの代表に届ける。 //条件: 全ての抽出機器と材料は契約者が提供する。

PAYDAY: EXTRACTION – ミッション概要
ミッションチャート
  1. 加工器でレーダーと抽出器を作る
  2. レーダーとマップ画面を使ってエキゾチック鉱床を探す
  3. エキゾチック鉱床を完全に採掘する
  4. エキゾチックで軌道に戻る
ゼノン
最初に言っておきますが、このミッションは強大な敵が出てくる等はありませんがランク4の文明的な道具を多数作成する必要があるため、とにかく鉱石が大量に必要となり時間がかかります。なので受注する場合はある程度ICARUSをちゃんとやれる期間にしておいた方が良いです。なお、リアルタイム6日以内にクリア(or 失敗脱出)しないといけません。カウントダウンが0になるとキャラクターが永遠に死亡する…らしい?

1. 加工器でレーダーと抽出器を作る

非常に簡潔に記載されているが、初っ端から困難。一気に必要素材を記載しても分からないと思うので、順を追って記載する。

拠点の位置について

まず拠点の位置。このミッションは特にマップのポイントに指定がないので、その場で拠点を作りがちだが、そうすると鉱石が大量に必要になるため後々しんどい思いをすることになる。オススメはJ14。近くにランク2~3の洞窟が多数あるため、鉱石掘りが楽になる。

私はドロップポット付近に拠点を作成してしまったが、付近にランク1の洞窟が多く、ランク1を6つ、ランク2を2つ、ランク3を1つ掘っても足りなかったため極寒エリアまで行くことになった。このブログをご覧の方はランク3の洞窟付近に拠点を立てることをオススメする。

レーダーと抽出機を作る

まずは加工器を作る必要がある。機械加工台が必要だが、ランク3まで進めるのは鉄鉱石が大量に必要になるため、序盤は鉄優先で採掘しても良いが、ランク4からはとにかく銅鉱石金鉱石が必要になる。鉱山にある鉱石は片っ端から採掘していく。

必要な材料は以下の通り。電子部品が以下の部分だけで合計227必要だが、電子部品は1つにつき、銅インゴットx3と精製ゴールドx1が必要になる。このため銅鉱石は227x3x2=1362、金鉱石は227×2=454必要になる。

  • 加工器:鋼インゴットx8、アルミニウムインゴットx40、電子部品x60、コンクリートの混合物x30、カーボン繊維x8、鋼の釘x30
  • レーダー:鋼インゴットx12、電子部品x10、鋼の釘x8、ガラスx2、コンポジット材料x12
    • マテリアルプロセッサー:アルミニウムインゴットx30、電子部品x80、鋼の釘x12、チタニウムインゴットx8、カーボン繊維x8
    • 電気炉:鋼インゴットx30、ガラスx4、電子部品x60、コンクリートの混合物x80、鋼の釘x8
    • バイオ燃料ジェネレーター:鋼インゴットx20、銅インゴットx8、電子部品x12、銅の釘x20、ガラスx2
      • 電力ツール:銅インゴットx20、精製ゴールドx8、カーボン繊維x4
    • バイオ燃料コンポスター:鉄インゴットx20、銅インゴット8、コンクリートの混合物x12、鋼の釘x20
      • バイオ燃料タンクx6:鉄インゴットx150
  • 抽出機:鉄インゴットx20、電子部品x5

レーダーの素材の一つ、コンポジット材料はマテリアルプロセッサーでコンポジットペーストを作り、それを電気炉に入れることで作成することが出来る。電気炉を稼働させるにはバイオ燃料ジェネレーターが必要となり、更にそのバイオ燃料ジェネレーターを動かすにはバイオ燃料コンポスターが必要となる。鋼インゴットはすり鉢で鋼片→コンクリート炉で鋼インゴットに変化。

バイオ燃料コンポスターはバイオ燃料タンクに燃料を詰めることが出来るようになる。燃料は木材と樹液で充てん出来る。樹液はすり鉢で木の枝から作れるが、木の枝は木工台で木材から製作、もしくは木材から木の枝を作成出来るタレントを取得すれば自分で作ることもできる。

2. エキゾチック鉱床を探す

準備

エキゾチック鉱床は極寒エリアにあるため、防寒値が高い装備が必要となる。また極寒エリアはユキヒョウ、狼が多数存在するエリアとなっているため、十分に装備を整える必要がある。忠告しておくが、ユキヒョウはかなり遠くから走ってくる、かつ単体ではなく狼とユキヒョウ合わせて数匹に襲われることもあるため、装備は万全にしておくことをオススメする。

  • 必須
    • 抽出機
    • バイオ燃料タンクx6 (抽出機の動力源)
  • 装備
    • 防寒用装備
    • 銃、弾丸
    • HP回復ペースト (ユキヒョウ、狼、高所ダメージ用)
    • 食事 (極寒エリアはとてもお腹がすく、また回復用に肉を持って行くと良い)
    • 酸素袋
    • 水筒
    • 包帯 (狼、ユキヒョウに襲われて傷口になった時のため)
  • 建築素材
    • 床、斜面
    • たき火 (低体温症になるとHPが下がり続けるため、洞窟で体を暖める)

抽出機またはレーダーを背負うとバックパックは持っていけない。また帰りにエキゾチックを持ち替える必要があるため、できるだけに荷物は少なくしていく。一人だと抽出機かレーダーのどちらかしか背負うことはできないため、できれば2人以上で行くのが良い。ソロの場合は仕方ないので抽出機を持っていく。

レーダーを適当な場所に設置し、SCANNNING→COMPLATEが表示された後にマップに方向が表示される。本来はレーダーで探索していく必要があるが、攻略ということで以下エキゾチック鉱脈の位置を記す。

エキゾチック鉱床の位置。東と南から向かうことが出来る。

抽出機を設置後、中に「充てんされたバイオ燃料タンク」を入れて起動することが出来る。エキゾチック鉱床を完全に採掘する必要があるため、バイオ燃料タンクは5.5個消費する。6つ持ってきていると採掘できるはずだ。拠点が近い人は一々戻っても良いが、遠い人は一度に持ってくると良い。

全て採掘したら、エキゾチックをインベントリに入れてドロップポットに戻る。退出時、ドロップポットの貨物とインベントリに入っているエキゾチックは報酬として受け取ることが出来る。

ゼノン
ワークショップアイテムの研究・製造費となるこの紫色の通貨ですが、これはエキゾチックのようです。記事作成当初、ドロップシップの貨物に入れないと受け取れないと記載していましたが、当ブログに寄せられたコメントによるとインベントリ内のものも報酬として受け取れるようです。
ABOUT ME
ゼノン / Xenonhyx (管理人)
愛知県出身。趣味は自作PCとゲーム。 略歴:エンジニア兼マーケター→フリーライター→エンジニア

POSTED COMMENT

  1. zzz より:

    1スタックしか持ち帰れていなければ、報酬のエキゾチックは20のはずです。手持ちのエキゾチックも持ち帰れますので、9スタック以上持ち帰れているようですね

    • ゼノン / Xenonhyx (管理人) より:

      手持ちのエキゾチックも持ち帰れているのですね!友人と分け合って、1スタックだけ貨物に入れたので20個で191なのかと;コメントありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。