リモート

リモートデスクトップ「Chrome Remote Desktop」レビュー

Google – Chrome Remote Desktop

「Google – Chrome Remote Desktop」は、GoogleがサポートしているブラウザのGoogle Chromeの拡張機能として、“WebRTC”をはじめとするWeb標準技術を用いて構築されたクロスプラットフォーム対応のリモートデスクトップ接続サービスです。

拡張機能なのでソフトウェアをインストールする必要はなく、Google Chromeさえあれば「Chromeウェブストア」からダウンロードすることが出来るという利点があります。

  • Chromeさえ入っていれば新しくソフトウェアをインストールしなくても良い

使い方

Chrome Remote Desktop」にアクセスすると、画面上部にリモートアクセスとリモートサポートがあります。違いを簡単に説明すると、リモートアクセスは自分のPCを登録して利用する用途に、リモートサポートは一時的に他人のPCを利用する用途に使えます。

リモートアクセス

リモートアクセスはChrome Remote Desktopを起動してPCを登録することで、PCの起動中はいつでもそのPCにリモート接続できるようになります。これは登録すると何度も登録したPCに接続できるようになるので、主に自分が自分のPCにリモートをする用途で利用します。

リモートサポート

リモートサポートリモート元PCがアクセスコードの発行し、そのアクセスコードを入力することでリモート先PCがリモート接続が出来るようになります。他人のPCを一時的にリモートする用途に使えます。

良いところ

完全無料

以前は個人利用が無料なTeamViewerという別のリモートアプリを利用していましたが、利用頻度が高いと商用利用検知されてしまいます。個人利用の申請をすると戻してはくれるのですが、その受理に数ヵ月ほど掛かってしまいます。その間にリモート出来ないです。

しかし、このChrome Remote Desktopは完全無料のリモートアプリです。そのようなストレスもなく利用することが出来ます。

クロスプラットフォーム対応

何しろ天下のGoogle社が開発しているだけあって、クロスプラットフォームに対応しています。リモートは小型端末から大型端末に行う場合が多いので、Android、iOS、Windowsなどでリモート出来るのは大きな強みとなります。

別ソフトのインストール不要

Google ChromeがあればChromeストアから拡張機能を追加するだけで良いので、別途ソフトウェアをインストールする必要がありません。Chromeを持っていればとても気楽にアプリを入れることが出来ます。

悪いところ

音声遅延が酷い

WindowsPCからWindowsPCでリモートを行いましたが、とにかく音声遅延が酷く、正直まともに聞き取れないレベルでした。音声が遅れて流れてくるとかではなく、音声が間延びしているような感じで聞き取れなくなります。音声が必要ない場合は良いと思いますが、音声が必要な場合は他のリモートアプリを利用した方がいいです。

ゼノン
ゼノン
この致命的な音声遅延の対処法を知っている方がいたらぜひコメントお願いします。また、自分の環境では音声遅延が無かった、という方も情報提供として一言頂けると嬉しいです。

さいごに

個人的な感想としては、Windows標準のリモートデスクトップ接続が気楽・無料・遅延という点においては良いと思っていますが、マルチプラットフォームには対応していないのでWindowsでない環境(Android/iOS)ではかなり使えるかなと思います。(TeamViewerは商用利用解除が面倒なので)

GeForceシリーズを積んでいると遅延の少ない「Moonlight Remote Desktop」もできるので、そちらもそのうち記事にしていきたいと思います。

では!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。